なんでもないまいにち

なーんでもない毎日の記録。
家族だったり、友達だったり、…だったり
そん時の、気持ちやあったこと
綴っていきます。

8月25日

多分


季節は夏の終わりがけで


夏は残り少ないんだと……


空気感や空が感じ

させてくれるような


夏の終わりの夕方



昨年

8月25日


あたしは

はじめて彼とゆう人を

知りました



その頃のあたしは

暗闇の真ん中にいて

そこから

でようとすることも


抜け出す努力をする事もせず



ただうずくまり


心はもがき


自らの力では抜け出せない

闇から引っ張り上げてくれる


なにかを探して必死だったんだ




ぜんぜんまったく

興味もわかなかった



まっすぐあたしの車に

向かって歩いてくる

姿だけが脳裏にやきつき

なぜか忘れられなかったよ


今も忘れません




あの日の夏の夕暮れの

赤く染めかかった

せつなすぎる空の色と


ぬるい空気感



夏が大好き

でもこの時間の夏の空は

嫌いとゆったあたしと



そぅ?

俺は嫌いじゃない



とゆった彼



あなたは今でもゆうね


あの時 mikoは

ずっと横ばかりを向き

まったくこっちを見てなかった




知らないでしょう



そんなあなたが

窓から見える夏の夕暮れを

見ている時



あたしがあなたを見てたのを




長いようで短い

時間を刻んで



彼は

あたしを闇から

引っ張り上げて

くれました




あの日

彼にまったく興味の

なかったあたしが



なぜ

彼が向かってくる姿が

やきついたのか



いまなら

わかる気がします




あの日の夏の終わりの夕暮れ

忘れられない空の色

ぬるい空気感



あたし彼をはじめて

知るとともに


1歳大人になりました



彼はうずくまったあたしに

手をさしのべ

前に進む道を教えてくれる

ために あたしの前にきたのかな



わかんないね…




あたしはあと4日で

またひとつ大人になります




きっと

あの日みた

光景とは違う


ひんやりした空気感が

流れている日になるような

気がする



今年の夏は

すごく短いから




それでも

あたしはきっと

思い出す



1年前のあの日を



あたしはもぅすぐ


大人になりきれぬまま

残酷な時間の流れによって



またひとつ大人になる



8月25日



あたしをここまで

連れてきてくれて



ありがとう




あたしは

やっぱり夏の終わりの

空の色は


嫌いだよ

届かない

彼の顔を両手で

さわってみた



こんな時間だからかな

髭が顔だしかけてる


愛おしいと思った




さんざん

はなして


嫌になるほど

受け入れがたい

言葉を聞き



なえたあたしの身体とこころ




それでも

自分自身に嘘はつけない




ベッド横たわる彼には


メガネをはずした

視力が低い彼には



目をつぶったあなたには




あたしの触れる手から

なんにも感じることなんて

なかったでしょ



あたしがどれだけの

愛おしさであなたに触れたか




なんにも知らない顔してた




ねぇ



もっとこっちみてよ



あとちょっとだけ

こっちみてよ




きづいたの



唇うすいんだね……





彼のすべてがたまらなく

愛おしい

衝突

たとえるならね……



あたまのうえに

突然タライが落ちてきたとか?! 笑



いゃ…違うな。


もっともっと



深い眠りについてる時に

前振りなく心臓をわしずかみ

にされた感覚。





ねぇ…

疲れちゃったの


あたしとのことに

疲れちゃったの




問いかけと同時に

否定の言葉を期待するあたし


……

……




いっきに踏みこんだアクセルは

踏み続けることはできず

時間の経過とともに

踏みこむ力が弱まり


それでも

ブレーキを踏むことは

今までしなかったのか


できなかったのか…



衝突したじゃん。



その衝撃は

衝突したあなたに

ダメージをあたえると

ともに




あたしに底の見えない

ダメージをあたえる




癒し合うために

踏み出したこの旅は



いつからか



疲れてしまうだけの

旅に変わって



無事

終着することはできず



衝突しました





うん

そうだね



たとえるならね


深い眠りについてるときに

前振りなく心臓を

わしずかみされた感覚。





微妙なずれは

いつしか埋めることの

できないずれにひろがる。



あたしは

それを埋める術をしらない